PR

【コスチュームジュエリー展 京都】シャネル、ディオール、小瀧千佐子を鑑賞しました

コスチュームジュエリー京都 お出かけ
記事内に広告が含まれています。

先日、京都文化博物館で開催された『特別展コスチュームジュエリー 美の変革者たち シャネル、ディオール、スキャパレッリ、小瀧千佐子コレクションより』を鑑賞しました。

国内で初めてとなる「コスチュームジュエリー」に焦点を当てた展覧会でした。

「コスチュームジュエリー」とは、本物の宝石や貴金属ではなく、ガラスやメタル、プラスチックなどを使用したファッションアクセサリーのことです。

今回の展示会は、国内有数のコレクターである小瀧千佐子氏の膨大なコレクションから選ばれた、シャネル、ディオール、スキャパレッリなどの約450点のコスチュームジュエリーが、展示されていました。

シャネル、ディオールなどのコスチュームジュエリーが展示

(撮影許可の場所のみ撮影してきました。)

私は家族に誘われて、何の予備知識もないまま展示会に足を運び、コスチュームジュエリーの歴史を知りました。

コスチュームデザインの歴史は、20世紀初頭にポール・ポワレが女性のコルセットから解放するという革新的なデザインを提案し、彼自身がデザインしたドレスに宝石や貴金属を使わない、ガラスやメタルなどで作った装飾品を取り入れました。

その後、シャネルがコスチュームジュエリーを手がけ、一大ムーブメントとなり、海を渡ったアメリカでも広く知られるようになりました。

コスチュームジュエリーの歴史や魅力に触れ、ヨーロッパとアメリカのファッションの歴史が知れました。

ポール・ポワレの夜会マスクとブレスレットのマネキンがお出迎え

展示場の入り口では、ポール・ポワレの夜会マスクとブレスレットを身につけた「深海」のマネキンが、華やかなお出迎えをしてくれました。(撮影ができない場所でした)

魅力的なコスチュームジュエリーが来場者たちの目を引く中、私はこれまで貴金属やダイヤモンドで作られていると思っていたコスチュームジュエリーが、実際にはガラスなどの素材で作られていることを知り、驚きました。

展示会場は、3つの章に分かれていて、各章で異なるテーマのコスチュームジュエリーが 展示されていました。

第1章 オートクチュールとコスチュームジュエリー

第1章では、20世紀初頭のファッション界を代表するデザイナー

  • シャネル
  • スキャパレッリ
  • ディオール

のコスチュームジュエリーやドレスなどが見事に展示されていました。

私は、学生時代にはファッションデザインの授業を受けた経験があるため、憧れのシャネルのスーツやディオールのドレスを実際に見ることができて、テンションが上がりました!

展示されている作品から、当時のファッションのエレガンス、革新性を改めて感じることができました。

撮影可能場所では、シャネルが愛した「椿の花」のモチーフのガラスやメタルで作られたブローチが美しく展示されていました。

繊細で艶やかなカメリア(椿)のモチーフのブローチは、シャネルの独自の強い美学と個性が表現されていました。

第2章 ヨーロッパのコスチュームジュエリー

第2章では、1930年代のヨーロッパのデザイナー

  • コッポラ・エ・トッポ
  • シス

などが手がけた美の個性が溢れるゴージャズなデザインのコスチュームジュエリーが、見事に展示されていました。

この時期には、ヨーロッパからアメリカへの需要が増加しており、それがコスチュームジュエリーのデザインにも影響を与えていました。

メタル、ガラス、ガラスビーズ、ワイヤーなどが用いられ、華やかで独創的なデザインのコスチュームジュエリーが一堂に展示されていました。

このエリアでは写真を撮ることができませんでしたが、見どころ満載の美しいデザインに目が釘付けになりました。

展示されていたコスチュームデザインは、その時代の芸術的な自由さと個性を感じさせ、ファッションの進化を知ることができました。

第3章 アメリカのコスチュームジュエリー

第3章では、ヨーロッパからアメリカに渡り、大発展したコスチュームジュエリーが紹介されていました。

特に注目したのは、1960年代からニューヨークで活躍したケネス・ジェイ・レーンのコスチュームジュエリーで、撮影が可能でした。

彼はダイアナ妃や多くの有名なセレブリティに愛されたデザイナーです。

一見すると宝石に見間違えるほどの華やかさがありますが、実際にはカボション・ガラスやメタルなどの素材を使用して作られた、豪華で繊細なデザインのコスチュームジュエリーでした。

ジャクリーン・ケネディ(オナシス)が身につけていたコスチュームジュエリーです。

彼女のファッションセンスと気品をあらわしたようなデザインでした。

“ジャッキー”の愛称で親しまれたファッショナブルな元大統領夫人が、実際に身につけたコスチュームジュエリーはとてもエレガンスで華やか、そして洗練されたデザインで感激しました。

アメリカでは、コスチュームデザインが工場で大量生産できるようになり、プラスチックなどの軽くて安価な材料を使った物が作られるようになりました。

このエリアでは、撮影が可能な場所で展示されているコスチュームジュエリーを楽しむことができました。

こちらは、様々なユニークなデザインのコスチュームジュエリーです。

このエリアでは撮影が可能な場所で、個性的なコスチュームジュエリーを楽しむことができました。

新聞紙や陶器などの素材で作られた、珍しいコスチュームジュエリーが展示されています。

1章から3章まで、コスチュームジュエリーの歴史的なデザインから、革新的な素材のものまで、多様な作品をみることができました。

ヨーロッパからアメリカへのモードの流行の移り変わりや有名デザイナーの作品が一堂に会した展示会になっていて、コスチュームジュエリーの多様性とアート性が楽しめました。

🔼目次に戻る

コスチュームジュエリー展 京都 開催期間

コスチュームジュエリー開催期間です。

【コスチュームジュエリー展 京都 開催期間】

2024年2月17日(土)から4月14日(日)まで

🔶開催時間

10時〜18時(金曜日は19:30まで)※最終入場はそれぞれ30分前まで

🔶休館日

月曜日

🔶開催会場

京都文化博物館 3階、4階展示室

入場料

入場料です。(消費税込み)

当日入場券   前売り/団体(20名以上)
一般¥1,600¥1,400
大学生¥1,100¥900
中小生¥500¥300

🔼目次に戻る

アクセス

会場の京都文化博物館までのアクセスです。

モダンな建物が一際、目を引いており多くの観光客が、博物館の外観の写真を撮影していました。

【アクセス

🔶公共交通機関でお越しの方

  • 地下鉄「烏丸御池駅」下車し、「5」番出口より徒歩約3分 
  • 阪急「烏丸駅」下車し、「16番」出口より徒歩約7分 
  • 京阪「三条駅」下車し、「6」番出口より徒歩約15分
  • 市バス「堺町御池」下車、徒歩約2分

🔶車でお越しの方

  • 名神高速道路 京都南ICを降りて約20分

🔶駐車場

無し(近隣の有料駐車場をご利用ください)

🔶公式ホームページ

紫式部と『源氏物語』も開催中

紫式部の銅像

現在、大河ドラマで脚光を浴びている「源氏物語」の作者、紫式部の生涯と貴重な資料、さらには『源氏物語』(青表紙本)が、京都文化博物館2階の総合展示場で展示されています。

源氏物語を生み出した紫式部の世界観に引き込まれていくような展示会となっています。

コスチュームジュエリーの展示会の後にも楽しめます。ぜひ一緒にご覧ください。

🔶開催期間

2024年2月10日(土) 〜 4月7日(日)

🔶開催時間

時間10:00~19:30(入場は19:00まで)

🔶会場

京都文化博物館2階、総合展示室

🔶入場料

一般500円、大学生400円、高校生以下無料

【コスチュームジュエリー展 京都】シャネル、ディオール、小瀧千佐子 鑑賞(まとめ)

コスチュームジュエリー


【コスチュームジュエリー展 京都 開催期間】は2024年2月17日(土)から4月14日(日)までです。

20世紀初頭のポール・ポワレから始まり、シャネルケネス・ジェイ・レーンなどのファッションの巨匠の作品が豪華に展示されていたコスチュームジュエリー展でした。

コスチュームジュエリーのヨーロッパからアメリカへの移り変わりの歴史も知ることができました。

小瀧千佐子氏の素晴らしいコスチュームジュエリーのコレクションの数々で、その魅力を存分に楽しめました。

皆さまも京都に来られた際は、ぜひコスチュームジュエリー展へお越しください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

\京都に行くなら楽天トラベルで♪/

※小瀧千佐子氏の「コスュームジュエリー」の本です。

※ランキングに参加中です。良かったらポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング
ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました