PR

冬至の七草(七種)は知ってる?縁起の良い食べ物やホロスコープ情報

冬至 2023年2月22日
記事内に広告が含まれています。

2023年12月22日に「冬至」(とうじ)を迎えます。

冬至は一年の中で最も日が短い日になります。

冬至は、北半球では12月21日または22日ごろに訪れます。

この時期、地球の北極点は太陽から最も遠く離れ、北半球は「冬至」を迎えます。
北半球では太陽の出ている時間が最も短く、夜が最も長い日となります。

「夏至」(げし)や「冬至」(とうじ)という日本での呼び方は、二十四節気(にじゅうしせっき)という古い暦(こよみ)から来ています。

しかも、今年の「冬至」は、金運が高まると言われる「寅の日」(とらのひ)とも重なるため、最強の開運日ともいえます。

寅の日は、日本の伝統的な干支(えと)を元にした日付の一つです。

「寅の日」は吉日とされ、何かを始める・買い物などにも良い日です。

冬至には邪気を祓う(はらう)といわれる「小豆」(あずき)を食べたり、栄養価の高い「かぼちゃ」を食べると良いと言われています。

かぼちゃの別名は「南瓜(なんきん)」です。「ん」が2つ付くので、運が良くなるとも言われています。

その他にも冬至の日に食べると縁起が良いといわれる「冬至の七草(七種)」があるのは知っていますか?

冬至の「七草」は「七種」(ななくさ)と書きます。

冬至の七種の七種類の食材とは

  • 「南京 なんきん(かぼちゃ)」
  • 「蓮根 れんこん」
  • 「人参 にんじん」
  • 「銀杏 ぎんなん」
  • 「金柑 きんかん」
  • 「寒天 かんてん」
  • 「饂飩 うんどん(うどん)」
    です。

食べ物の他にも冬至には身を清め、体を温める「ゆず湯」にも入る風習があります。

今回の冬至は、金運アップが期待できる「寅の日」とも重なっているので、冬至と寅の日の開運情報をまとめてお伝えします。

冬至の七草(七種)ななくさは、知っていますか?

冬至の七種(ななくさ)を食べて開運アップ

冬至には、「冬至の七種」(とうじのななくさ)を食べると開運を期待できる食材があります。

7種の食材とは

  • 「南京 なんきん(かぼちゃ)」
  • 「蓮根 れんこん」
  • 「人参 にんじん」
  • 「銀杏 ぎんなん」
  • 「金柑 きんかん」
  • 「寒天 かんてん」
  • 「饂飩 うんどん(うどん)」
    です。

どの食品も「○ん○ん」と2つ「ん」がつくので、食べるとたくさんの「運が開ける」と言われています。

冬至には、小豆(あずき)を厄除けに食べる風習もあります。

冬至には、開運を願って縁起の良い食べ物を食べたいですね。

ゆず湯に入る

冬至には古くから「ゆず湯」に入ると良いと言われています。

ゆず湯は、ゆずごとお風呂に入れて浮かべます。ゆずは、ビタミンCが豊富で体にも良い食品です。

そして、ゆずは邪気(じゃき)を払い、身を清める効果もあります。
体を温めて、リラックス効果もバツグンです。


冬至にゆず湯を楽しむことで、無病息災(むびょうそくさい)を願い、寒さからくる冷えを温めながら、身体をほぐしましょう。

家庭や友人とのひとときを楽しくすごしましょう

冬至は、クリスマスが近づく季節でもあります。

年末の慌ただしい時期が続きますが、冬至の日に家族や友人との楽しいひとときを過ごしたいですね。

風邪もひきやすい時期なので、健康には気をつけましょう。

家族や友人と感謝の気持ちを表すことで、さらに良いエネルギーを取り込めます。

お互いのさらなる運気アップも期待できます。

現在、ベストセラーのペンキ画家「SHOGEN」さんと作家の「ひすいこたろう」さんの共著の本を皆と読み、感想を語り合うのもいいかもしれませんね。

この本を読むと温かな気持ちになり、皆と感想をシェアしたくなる本です。

【寅の日】で金運上昇も期待!

2023年12月22日は、冬至と「寅の日」(とらのひ)が重なる最強開運日です。

寅の日は、日本の伝統的な干支(えと)を元にした日付の一つです。

寅の日は「出て行ったものが戻ってくる日」と言われていて、金運に繋がる日と言われています。

冬至と重なることで、さらにパワーの強い「金運上昇」が期待されます。

他にも開運の日は、開運暦(こよみ)の本で詳しく調べられます。

それでは、寅の日にオススメの開運アクションを紹介します。

買い物をする

寅の日の買い物はオススメです。買い物したお金が後から戻ってくるとも言われています。

宝くじを購入するにも良い日となります。

財布を新調する

寅の日に財布を新調するのもオススメです。

寅の日に購入したお財布は、支払ったお金が戻ってくるといわれているので、財布を新調するのに良い日となります。

財布の新調や宝くじの購入には、寅の日の他にも一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)天赦日(てんしゃにち)も最適です。

一粒万倍日は、一粒の籾(もみ)が万倍となって稲穂(いなほ)のように実るという意味で、大きな開運日と言われています。

天赦日とは、神が全てを許す日といわれ大変、縁起が良い日です。

2023年12月の一粒万倍日は、あと3日間あります。残りラスト3日間、金運上昇のチャンスですよ!

一粒万倍日(2023年12月)19日、20日、31日

一粒万倍日に「してはいけないこと」「していいこと」をまとめました。

財布は「長財布」の方が、お札が財布の中で苦しくないので「金運アップ」すると言われています。

寅の日は旅行運も良いです。

金運とは違いますが、寅の日は旅行運も良いと言われています。

「無事に旅行に行って帰れる」という意味を持つそうです。

※余談ですが、寅の日は結婚式には向いていないです。

「嫁が戻る=実家に帰る」という意味になるので結婚式には向いていない日になります。

   \旅行の予約ならANAグループのスカイツアーズ/

冬至のホロスコープの星読み

私は、趣味で西洋占星術を勉強しているので、冬至のホロスコープを作成しました。

星読み初心者でも無料ホロスコープで簡単にホロスコープが作成できます。

西洋占星術では、冬至の日の2023年12月22日(午後12:27頃)に「山羊座」に入ります。

2023年12月23日「冬至」〜2024年3月20日「春分」までの星読み

2023年12月23日「冬至」〜2024年3月20日「春分」までの3ヶ月間「社会のムード」はどうなるか?

冬至のホロスコープ図から、ちょこっと読んで予想してみます。

2023年の冬至のホロスコープのアセンダントは「牡羊座」です。 MC(エムシー)は「山羊座」です。

「アセンダント」とは第一印象(見ため)のことです

<br><br><br>



MC(エムシー)とは天職をあらわします。

快活さをあらわす「牡羊座」がアセンダントということは、冬至から春分までの3ヶ月間は、やる気に満ちてくる人が増えてくる印象をうけました。

MC(天職)は「山羊座」になります。

「山羊座」は12星座のホロスコープで、一番高い場所に位置します。
社会の一番の「トップ」「頂点」「権力」なども意味します。

社会的成功の頂点を目指して、本業以外にも副業などを始める人が、これから更に増えていくでしょう。

太陽と水星が山羊座、火星が射手座に

自分自身をあらわす「太陽」と思考をあらわす「水星」に山羊座が入っています。

やる気などのエネルギーを意味する「火星」の場所に「射手座」があります。

射手座は「学問」「知識」「海外旅行」を意味しています。


「太陽」と「水星」「火星」が、9ハウスという「哲学」や「知識」「海外旅行」などをあらわす位置にあります。

  • ここ2〜3年、なかなか海外に行けなかった人も海外旅行に行く機会が増えそうです。
  • キャリアップに資格取得の勉強する人や副業の勉強をする人も、さらに増えそうです。

月と木星、天王星が牡牛座に

そして、自分の内面をあらわす「月」と幸運の星「木星」と変革(へんかく)の星「天王星」が「牡牛座」になります。

牡牛座は「食」や「お金」などもあらわします。

「月」「木星」「天王星」が自分自身をあらわす1ハウスにあります。

1ハウスは「自分自身」を意味します。

  • 自分自身の食の好みや金銭感覚が急に「変わりやすい」など、急な「心変わり」の変化を意味しています。
  • 長い目で見たら、変化しておいた方が良かったことの方が多いです。

金星がさそり座に

恋愛の星「金星」がさそり座にあります。

さそり座は、相手と深く関わりあう性質があります。

さそり座の金星が「パートナーシップ」をあらわす7ハウスにいます。

1ハウスにある変革をあらわす牡牛座の「天王星」と厳しい角度をとっています。

「突然の破局」もしくは「突然の一目ぼれ」がおこるかもしれません。

「破壊と再生」の星が山羊座から冥王星に

2023年の冬至では、「破壊と再生」を意味する冥王星が山羊座の10ハウスの位置にあります。

山羊座、10ハウスともに「社会システム」「権力」などを意味します。

1ハウスの心の内面を意味する「月」と厳しい角度をとっているので、今までの社会の古い価値観の「手放し」を徹底的にうながしています。

2024年1月21日からは、冥王星が水瓶座入りします。

水瓶座は「自由」「変革」「自立」「 IT」などを意味しています。

  • 2024年から、社会の変革がさらに始まることが、予想されています。
  • 何ごとも前向きで、柔軟な考えや行動をすることが開運の「カギ」になりそうです。

※こちらのブログで「水瓶座 冥王星」について詳しくまとめました。

※西洋占星術のことを学ぶなら、わかりやすい「鏡リュウジ」先生の本がオススメです。

※西洋占星術の初心者向けの本です。「まついなつき」先生の占星術の本がわかりやすくオススメです。

※中級者以上の方は「松村潔」先生の本もオススメです。

冬至の七草(七種)と金運アップの情報のまとめ

2023年12月22日に「冬至」(とうじ)を迎えます。

冬至には「冬至の七種(ななくさ)」を食べると運気アップが期待できます!

身を清め、体を温める「ゆず湯」に入るのもオススメです。

金運アップの開運日「寅の日」とも重なるため、今年はさらに縁起の良い「冬至」となりそうです。

冬至のホロスコープでは、今までの常識の「手放し」が開運のカギと読めました。

冬至は、自然との調和を感じることができる季節です。

家族や友人と共に、この特別な日を日頃の感謝の気持ちと共に大切に過ごしましょう。

※他にも開運情報の記事です。

今回もお読みいただきありがとうございました。

※ランキングに参加中です。良かったらポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

ブログランキング
ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました