PR

ときわ動物園のアクセスや料金の紹介。1人でも楽しめる動物園です。

スポンサーリンク
ときわ動物園 お出かけ
記事内に広告が含まれています。

お天気が良かったので、今回も【ときわ公園】にドライブがてらお出かけしてきました。

ときわ公園は、面積約100haにおよぶ常盤湖を中心に広がる緑と花と彫刻に彩られた総合公園です。

この日は、ときわ公園内にある【ときわ動物園】に行ってきました。

ときわ動物園は、2016年に全面リニューアルをしました。最大の特徴は動物の生息地の環境を再現する「生息環境展示」を導入しています。

「生息環境展示」とは動物園などで、動物の生息地の自然に近い環境を再現した展示のことです。
人工的に樹木や植物を植栽し、土や岩などを使い、動物が本来の姿で住みよい空間を作って檻などで囲わない自然な展示をしている方法になります。

動物園は5つのゾーンに分かれています。

「アジアの森林ゾーン」「中南米の水辺ゾーン」「アフリカの九陵・マダガスカルゾーン」「山口宇部の自然ゾーン」「学習施設ゾーン」です。

動物園のマップです

展示動物は猿が多いですが、その他にもコツメカワウソや鳥やヤギなど個性豊かな動物がいて、子どもも大人も楽しめます。

家族連れやカップルも多かったですが、一人で来てる方も多かったです。お一人様でも気兼ねなく楽しめます。通路も広いのでベビーカーでも狭さを感じないです。

【関連記事】ときわ公園に関連した記事です。

スポンサーリンク

ときわ動物園の入園料、駐車場情報など

ときわ動物園の入園料

区分個人入園料 (1人1回につき)動物園年間パスポート (1人1年につき)
一般500円
中学生以下200円600円
70歳以上250円750円

※同伴者のある三歳未満の方は無料です。

駐車場も公園周辺に有料駐車場が5ヶ所もあり合計1000台以上の車が停められます。

駐車料金

時 間普通自動車大型自動車
15分まで無料無料
2時間まで200円800円
3時間まで300円1200円
4時間まで400円1600円
24時間まで500円2000円

ときわ動物園に一番近い駐車場は、正面駐車場になります。

スポンサーリンク

野生そのままのような動物園

「アジアの森林ゾーン」には、アジアの森そのままのように植栽がされています。

シロテテナガザルは、東南アジアの熱帯雨林に生息し、インドネシア、タイ、マレーシアなどで生息しています。名前の由来は、手が白く長いことから付けられています。

動物園では、熱帯のジャングルに見立てた展示スペースで自由に木から木を渡っていっていました。自然に近い環境で動物たちも生き生きしているように見えました。


アフリカの丘陵・マダガスカルゾーンには、珍しいワオキツネザルもいました。

マダガスカル原産の野生のワオキツネザルは自然破壊などで数が減り絶滅危惧種に指定されています。

名前の由来は、キツネのような顔をしていて、輪の模様があるので輪尾キツネザル(ワオキツネザル)と呼ばれています。

猿だけでなく鳥やカワウソなどたくさんの種類の動物が展示されています。

中安米の水辺ゾーンには、ベニコンゴウインコ(赤っぽいインコ)とルリコンゴウインコ(黄色っぽいインコ)もいました。スマホで写真を撮ると大きい声で威嚇(いかく)されました。

カピバラも3頭いました。
カピバラは世界最大のネズミの仲間です。体長は110~130cm、体重は40~50kgにもなるそうで、間近に見るとかなり大きくてちょっと怖かったです。

ちょうど餌やりの時間で飼育員さんが餌をあげていて美味しそうに餌を食べてました。

スポンサーリンク

珍しい混合展示を行っています

ときわ動物園では、珍しいボンネットモンキーとコツメカワウソの2種類の混合展示を行っています

ボンネットモンキーは、インドに生息するサルです。頭の毛の形がボンネットという帽子に似てるのでボンネットモンキーと付けられたそうです。

コツメカワウソ、東南アジアの河口などに生息していますが、年々野生のコツメカワウソは減っていて絶滅危惧種としても有名です。

お互い喧嘩しないか不思議ですが、特に喧嘩もせずマイペースに同居しています。

その様子を見ているだけでも癒されました。

ボンネットモンキーとコツメカワウソが同じエリアで展示されています。

【アフリカの丘陵・マダガスカルゾーン】にはミーアキャットもいました。

ミーアキャットは二足で立つことで有名ですが、この日のミーアキャットは立っていませんでした。

名前に「キャット」とありますが、マングースの仲間であり、猫の仲間ではないそうです。

ユーモラスな表情のミーアキャットです☺️

最後の【学習施設ゾーン】には、人間の生活に身近な動物が展示されていました。

アルパカの親子がいました。体毛を刈られてユニークな表情に見えました☺️

アルパカは、南米のアンデス山脈の高地に生息するラクダ科の動物です。アルパカの体毛は良質な毛なので、刈られた体毛は高級衣料などにも使われています。

動物園の出口近くにある最後の展示動物はヤギでした。

全く関係ないですが、私の星座は山羊座なのでヤギに少し親近感を感じています。
2頭がお互いの角をぶつけ合って喧嘩していました。普段は温厚そうなヤギのイメージですが、荒々しく感じて迫力がありました。

スポンサーリンク

【ときわ動物園のアクセスや入場料の紹介】のまとめ

ときわ公園内にある【ときわ動物園】の最大の特徴は動物の生息地の環境を再現する「生息環境展示」を導入しています。

動物園は5つのゾーンに分かれていて、展示動物は猿が多いですが、その他にもコツメカワウソや鳥やヤギなど個性豊かな動物がいて、子どもも大人もお一人様でも気兼ねなく楽しめます。

山口県に旅行の際には、ぜひ「ときわ公園」と「ときわ動物園」に行ってみてください。

山口宇部空港よりタクシーや車で10分くらいの場所にあります。

所在地:山口県宇部市則貞三丁目4-1
TEL:0836-21-3541

地図Googleマップ

今回もお読みいただきありがとうございました。

山口県のおすすめお土産:日本酒「獺祭(だっさい)」です。

※ランキングに参加中です。良かったらポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング
ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました