PR

射手座新月/2023のアファメーションは?願いを叶える開運情報

2023年射手座新月アファメーション 西洋占星術
記事内に広告が含まれています。


2023年12月13日(水)午前8時32分に「射手座新月」を迎えます。2023年最後の新月です。

毎月の新月から新月まで、満月から満月までの約29.5日のサイクルは、西洋占星術で「重要」とされています。

「新月で計画を始め、満月で成果を確かめる」と毎月の月のリズムを意識して、仕事や生活を充実させる考えです。



私は、西洋占星術を元にして毎月の新月を活かしたアファメーションを5年間続けています。

<br>

西洋占星術は、古代バビロニア時代から数千年の歴史がある伝統的な占いです。

「山羊座」「獅子座」など12星座占いも西洋占星術です。

アファーメーションとは【願いごと】の意味です。
自分に対して肯定的(ポジィティブ)な言葉を使い、心の中で繰り返す行為で【自己暗示】の1つです。

毎月の新月にノートや紙に「アファメーション」【願いごと】を書きだし、毎日その願いごとを見ると効果が上がります。

忙しい時は毎日、見なくても OK!

アファメーションをすることにより、自己肯定感が向上し、ポジティブなエネルギーが引き寄せられ、目標達成や幸福感が向上すると言われています。

心理学でも「効果がある」「効果がない」と2つの意見を見ることもあります。
私自身は5年間、毎月の新月にアファメーションをしてきて、自己肯定感が上がった実感があります。

それに新月のアファメーションは、紙とペンさえあれば、どこでも簡単にできるので気軽に続けられますね。

2024年に向けて、2023年最後の新月に来年の目標を立てた「アファメーション」をしませんか?

※ちなみに2023年12月13日〜2024年1月2日まで、コミュケーションや交通に影響があると言われている「水星逆行(すいせいぎゃっこう)」が起こります。

※10天体順行期間、2024年1月27日から願い事がスムーズに叶いやすい時期です。

射手座新月のエネルギーで、願い事を叶えるアファメーション

アファーメーションの書き方

新月、満月の調べ方は「国立天文台の【歴要項(れきようこう)】から調べられます。新月は(朔)、満月は(望)の場所です。その他に上弦と下弦の日付と時刻を知ることができます。

アファメーションは、人によっていろいろなやり方がありますが、私は新月を迎えてから48時間以内に、願い事を10個以内でノートに書き出すようにしています。

月の力が弱まるといわれる「ボイドタイム」の時間帯を避けて、新月のお願い事をする人も多いようですが、特に気にしない場合は「ボイドタイム」まで気にしなくても大丈夫だと思います。

ライターで占い師でもある「石井ゆかり」先生の手帳には、その月の星座の新月・満月や「ボイドタイム」も全て掲載されているので、私は毎年この手帳を購入して調べています。

アファメーション(願い事)は、いつも直感で書いています。自分の自己成長に繋がることを書くようにしています。

日本では、古くから言葉には「言霊(ことだま)」があると言われているので、ネガティブな願いは書きません。

言霊(ことだま)とは、古代日本で言葉に宿っていると信じられていて、発した言葉どおりの結果を現す力があると考えられています。

人を呪う(のろう)ような、ネガティブな言葉は自分に返ってくるとも言われています。

願い事は、全て過去形の「予祝(よしゅく)」形式で書いています。

「○○になれますように」と書かないで「○○になれました」と書いています。

「予祝(よしゅく)」とは、すでに願いが叶っていることとして、

現実を引き寄せることを意味します。

予祝は「前祝いの法則」とも言われていて、作家の【ひすいこたろう】さんの本でも有名になりました。

射手座新月にアファメーションの力を借りる

射手座は12星座の中でも「冒険心、自由、楽観主義」が高い星座です。

新月は、太陽と月が同じ星座に位置する特別な時期であります。
射手座のエネルギーは新しい始まりや変革へのサポートを促します。

射手座新月は、射手座にちなんだ「冒険心・自由・楽観的」などのアファーメーションもいいでしょう。

新月の願いは、心の奥底の潜在意識にまで影響を与えます。

書いた願い事を毎日、読み返しましょう

毎日、【願いごと】を見ると効果が上がるといわれています。

「願いごとを紙に書いて、机に貼って毎日見ると願いが叶う」と聞いたこともありますよね?

同じ原理で、願いごとを【すでに叶ったこと】とイメージして、毎日見るのが効果的です。

ただし「毎日、願いごとを見ないと!!」と思うと執着(しゅうちゃく)にもなり、疲れます。
「無理な時は無理」と肩の力を抜いて過ごしましょう。

私自身も毎日は、願いごとを見るのを忘れていて、見ていない日もあります(^^;;

射手座にちなんだアファメーションの例

射手座の「冒険心」「自由」「楽観主義」に願いをこめたアファメーションの例文です。

  • 冒険心に願いをこめたアファメーション「私は新たな成長と学びの冒険に挑戦し、成功しました」
  • 自由への願いを込めたアファメーション「私は束縛から解放され、自分らしく自由に生きる力を持ちました」
  • 楽観主義への願いをこめたアファメーション「私は人生の喜びと可能性を楽しみ、ポジティブなエネルギーで周りを満たしました」

    自分に合った言葉で表現し、ポジティブな気持ちで書くことが大切です。
    新月のエネルギーを活かして、素晴らしい未来に向けて願い事を叶えてください。

    その他のアファメーションとして「自分と家族、周りへの感謝」をノートや紙に書いて、声に出して読むことも開運アップにつながります。

※2024年1月11日は山羊座新月です。山羊座新月には「仕事」の願い事がオススメです。

アファメーションは効果があるの?

アファメーションは、心理学でも「効果がある」「効果がない」と2つの意見を見ることもあります。

私自身は、5年間、毎月の新月にアファメーションをしてきて、以前より自己肯定感が上がった実感があります。

アファメーションをする前の私は、かなりのネガティブ思考でしたが、アファメーションを5年間続け、自分自身と向き合う時間を作りました。

10年くらい前の自分と比べて、物ごとをポジィティブに考えられるようになりました。

個人的には、継続的にやり続けて良かったと思っています。(※効果は個人差があります)

作家の本田健さんの本も「書く」ことで願いが叶うことが、わかりやすく書かれていました。

射手座新月/2023のアファメーションは?の【まとめ】

2023年12月13日(水)午前8時32分に「射手座新月」を迎えます。

2023年最後の新月です。2024年に向けて、2023年最後の新月に来年の目標を立てた「アファメーション」(願いごと)をしませんか?

射手座新月は、新しい冒険へのスタート地点です。
アファメーションを通じて、自分の内なる力を引き出し、ポジティブに変化していきましょう。

新月と射手座のエネルギーを活かし、素晴らしい未来に向けてステップを踏んでいきたいですね。

※2024年の元旦は、一粒万倍日と天赦日の最強開運日です。初詣のおすすめ神社5選をお伝えします。

※2023年12月27日は、蟹座満月です。開運情報をまとめました。

本日もお読みいただきありがとうございました。

※西洋占星術の初心者向けの本です。「まついなつき」先生の占星術の本がわかりやすくオススメです。

※西洋占星術のことを学ぶなら、わかりやすい「鏡リュウジ」先生の本がオススメです。

※中級者以上の方は「松村潔」先生の本もオススメです。

※ランキングに参加中です。良かったらポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

ブログランキング
ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました