PR

蟹座満月/2023年願い事の叶え方は?12月27日開運アクション

蟹座満月 2023年12月 西洋占星術
記事内に広告が含まれています。

2023年12月27日の午前9時32分に【蟹座の満月】を迎えます。2023年、最後の満月となります。

蟹座満月は、2023年1月7日にもありました。

今年2回目の蟹座の満月です。

「今年の1月と現在の自分は、どう変わったか?」など、2023年の今年1年間を振り返ってみることをオススメします。

今年の1月より1つでも成長していたら、自分自身を労い(ねぎらい)、感謝の言葉を声に出して伝えてみましょう。

自分の言葉を世界で一番聞いてる人は自分自身です

どうせなら、普段から自分自身にも優しい言葉がけをしたいですね

西洋占星術では、新月では「種まき」・満月は今までの成果の「収穫」という考えかたをします。

  • 毎月の新月から新月まで、満月から満月までの約29.5日のサイクルは、西洋占星術で「重要」とされています。
  • 「新月で計画を始め、満月で成果を確かめる」と毎月の月のリズムを意識して、仕事や生活を充実させましょう。
  • 西洋占星術は、古代バビロニア時代から数千年の歴史がある伝統的な占いです。
  • 「山羊座」「獅子座」など12星座占いも西洋占星術です。

蟹座のキーワードは「家族」「仲間」「家庭」「家」などです。

蟹座の人は、家庭的で繊細な性格な人が多いです。

ライターで占い師の「石井ゆかり」先生の本を読むと蟹座の人の性質が詳しくわかります。

蟹座の満月は感情的で繊細な気持ちになりやすい日になります。

年末で実家に帰省している人も多いことでしょう。

水星逆行中でもあるため、家族や家庭のことで「手放し」「断捨離」をすることがあるかもしれません。

水星逆行中の記事はこちらの記事にまとめました。

2024年の開運に向けて、2023年最後の蟹座の満月に【心の大掃除】をしてみませんか?

満月のエネルギーとは?

満月とは、地球から見て月が太陽と反対側に位置している状態です。

新月→上弦→満月→下弦→新月のサイクル

月が最も明るく、美しく輝く瞬間です。

夜空に満ちる美しい満月は、古くから人々に希望を与えてくれています。

月の満ち欠けは、お産や海水の干満や農作物にも影響しているとも言われています。

満月の時間の調べかたは?

新月、満月の調べ方は「国立天文台の【歴要項(れきようこう)】から調べられます。
新月は(朔)、満月は(望)の場所です。その他に上弦と下弦の日付と時刻を知ることができます。

「石井ゆかり」先生の手帳には、その月の星座の新月・満月なども全て掲載されているので、私は毎年この手帳を購入して調べています。

新月と満月は願い事をする日に適しています

満月は「収穫」「完了」を意味します。

新月は新しいことの願い事、満月は振り返りのお願い事をするといいでしょう。

満月のお願い事の仕方】

  • 満月の後、48時間以内に(できれば10時間以内)にノートや手帳に願い事を手書きする
  • 2個〜10個以内のお願いごとをする
  • お願い事は、新しいスタートのことより振り返りのお願い事を書く
  • 叶ってなくても「私は〇〇さんとまた仲良くなれました」などと完了系で書く
  • ボイドタイムを避けて書く

などとすると良いでしょう。

※新月のお願いごとのやり方は、こちらの記事にまとめました。

次の新月は、2024年1月11日(木)20:57分で【山羊座新月】を迎えます。

山羊座は「仕事」「社会の立場」などを意味します。

お仕事に関するアファメーション(願いごと)がある人は、来年の山羊座新月のエネルギーを利用してみてください。

※2024年1月に「破壊と再生の星」の冥王星に水瓶座が移動します。

※2024年1月27日から約2ヶ月間は「10天体惑星順行」で物事がスムーズに流れやすい期間です。

蟹座満月に感情の浄化とリセットをしましょう

満月の日は、潮の満ち引きに影響を与えるだけでなく、私たちの感情にも影響を与えるとされています。

特に蟹座の満月には、家族や家庭に関するネガティブな感情を手放しするのもオススメです。

今まで悩んでいたことを紙などに書いてみましょう。

悩みごとを書いた紙をビリビリに破って捨てて【心の大掃除】してみましょう。

辛い感情が浄化され、過去の辛い思い出やネガティブなエネルギーがリセットされると考えられています。

心の奥底にある潜在意識も浄化されるでしょう。

2024年に向けて新しいスタートを切る絶好の機会となり、ポジティブな心の変化をもたらすことが期待されます。

水星逆行中でもあるため、特に過去から引きずっている家族への負の感情を「断捨離」するのにピッタリの時期にもなります。

自分自身にも感謝の気持ちを伝えてみましょう

蟹座満月は、2023年1月7日にもありました。今年2回目です。

今年の1月より何か1つでも自分自身が成長していたら、自分自身を労い、感謝の言葉を声に出して伝えてみましょう。

もし、何か失敗したことがあったとしても、新しいことにチャレンジしてみた自分自身の勇気に労いの言葉をかけてみませんか?

家族や友人にも感謝を伝えてみましょう

年末で実家に帰省している人も多いことでしょう。

日頃、照れくさくて言えない家族や友人に感謝の気持ちを伝えてみませんか?

心理学では、他人に感謝すると「幸せ」になるともいわれています。

精神科医・作家の樺沢 紫苑(かばさわしおん)の本にも他人に感謝することで、幸せになるということが、脳科学的に書かれています。

感情の手放しをしましょう

蟹座の月の人は、少々感情的になりやすいのが特徴です。

モヤモヤやイライラした感情の手放しをしてみましょう。

蟹座の満月で、感情が高ぶるときは家族や仲間とカラオケに行ってストレス発散もしてみましょう。

もしくは、車の中や一人きりになれる場所で、大きな声を出してストレス発散をしてみましょう。

私は、たまに周りに聞こえないように枕に顔を埋めて大声を出しています。
(真似するときは、呼吸困難にならないように注意してください)

お財布フリフリの「おまじない」

あくまでも「おまじない」ですが、満月の日に財布を満月に向けて振ると金運アップをするとも言われています。

やり方は、次のとおりです。

  • 財布の中からお札や小銭、クレジットカード、レシートなど取り出して空にする。
  • 財布の外や中をキレイに拭く。
  • 財布を満月の光に向けてフリフリと振る。

興味がある人は、やってみてもいいかも?

蟹座満月/2023年願い事の叶え方は?12月27日【まとめ】

2023年12月27日の午前9時32分に【蟹座の満月】を迎えます。2023年、最後の満月となります。

2024年に向けて【心の大掃除】をし、新年の新しい自分に向けて生まれ変わってみませんか?

満月のお願い事も一緒にしてみましょう。

  • 今回は蟹座の満月なので、特に「家族」や「家庭」に対する負の感情を「断捨離」するのにピッタリの時期にもなります。
  • 今年の1月の蟹座の満月から、頑張ってきた自分を労い感謝しましょう。
  • 家族や日頃、お世話になっている人に感謝することでも「幸福感」が増すともいわれています。

2024年の新しいスタートに向けて、満月のエネルギーを借りポジティブな変化を迎え入れましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました。

※西洋占星術の初心者向けの本です。「まついなつき」先生の占星術の本がわかりやすくオススメです。

※西洋占星術のことを学ぶなら、わかりやすい「鏡リュウジ」先生の本がオススメです。

※中級者以上の方は「松村潔」先生の本もオススメです。

※ランキングに参加中です。良かったらポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

ブログランキング
ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました